イヤホンの使用

イヤホンを付けて車を運転するのはNG?

ここ数年で自転車に対してさまざまな規制が出され、その中でも「イヤホンを付けて運転していた場合は処罰の対象」ということが話題になりました。
ではこれが車だとどうなるのかというと、当然ながら安全運転に支障が出るような状態になってしまっていた場合には処罰の対象となります。
普通車の場合は6000円の罰金刑というように定められていますが、しかし現実的に、イヤホンを付けていたから即時処罰されるかといわれるとそうではないことの方が多いでしょう。
と言うのも「安全運転に支障が出る」ということについて明確な基準がなく、それで交通事故を起こしたりしていない限りは安全運転に支障が出ていたとは断言できないのです。
とはいえ外部の音が完全にシャットアウトされる密閉型ヘッドホンなどを使用していれば明確に外部の音が聞こえないだろうとして判断ができますし、それで交通事故を起こしていれば罰則が強化される可能性は高いと言えます。
車であればカーオーディオなどがあるのですから、わざわざイヤホンを使うことはせず、使用するのであれば片耳だけのマイクなどを使うようにしましょう。

車でイヤホンを使う危険性について

車でイヤホンを使うことは危険が多いのです。
これをしていると聞くことに集中してしまうので、運転に集中できなくなってしまう恐れがあるのです。
運転に集中できなくなってしまうと、事故のもとになってしまいます。
車のカーオーディオを聞きながらであれば、別に問題はないのですが、カーオーディオが調子が悪いなどで聞けない場合、携帯音楽プレーヤーで音楽を聴いている人もいます。
当然、その時はイヤホンを耳にしていることがほとんどです。
イヤホンは聞くことに集中してしまう危険性だけでなく、まわりの音が聞こえなくなってしまうのです。
例えば、救急車などの緊急自動車が近づいてきていても音が聞こえないと、来ていることに気づかずに道を譲らないという恐れがあります。
道を譲らないとその分、緊急自動車の通行が妨げられ、目的地に到着するのが遅れてしまいます。
そのちょっとの時間が生死を分けてしまうこともあります。
こういったこともあるので、運転中にイヤホンは使用しないほうがよいでしょう。
カーオーディオから音で音楽などを楽しむと良いでしょう。
その時は音を大きくしすぎないようにし、カーオーディオの調子が悪い場合は、すぐに修理するか、あきらめて使わないという選択肢にすると良いです。

Favorite



2019/8/1 更新